30日間集中ダウンエイジングプログラム  次世代型ストレッチ かつもとあきのスローストレッチ 口コミと体験記

詳細はこちら>>クリック

     

貴方は、歳と共に自分の体が硬くなってこんな事を思いながら生活していませんか?

例えば

休んでも疲れがとれない

たいして動いていないのに筋肉痛になった

腰、肩、関節が痛む

階段をのぼると息がきれる

お腹のたるみが気になる

等など

そして、自分でもどうにかしようと思い、

書店でダイエットやストレッチの本等を購入して行ったりしたのではないですか?

それで結果はどうだったでしょう?

ほとんどが、何も効果を得られず辞めてしまってい

「もう歳なんだから体は硬くなるんもんだよ」

諦めていませんか?

ちょっと待って!

実は

多くの会社経営者やTVキャスター、芸能人などが支持している画期的なプログラムとしてマスコミも注目してる

20代の頃のエネルギッシュだった全盛期のカラダを取り戻す事ができる

30日間集中ダウンエイジングプログラム  次世代型ストレッチ かつもとあきのスローストレッチの

口コミと体験記をご覧になって、ご購入の参考にしてください。

30日間集中ダウンエイジングプログラム  次世代型ストレッチ かつもとあきのスローストレッチの口コミ

     

<a href="http://www.linkedtube.com/1IvNhFDE8SQ8de2f03e4b25eeac5fa64f7e64066106.htm">LinkedTube</a>

     

30日間集中ダウンエイジングプログラム  次世代型ストレッチ かつもとあきのスローストレッチの体験記

     

スローストレッチを始めてから、疲れが残ることが少なくなってきました。

身体が硬いわたしにとってストレッチはいつも"痛い"がつきものでした。

また忙しいほど運動する時間もなく、

運動不足になればなるほど身体の不調も現れるのでせめてストレッチをしよう!

と心では思うのだけどなかなか身体が動こうとしない。

そして昌希先生のストレッチをうけたくても時間がない…と

その時に進められたのがこのスローストレッチのDVDでした。(笑)

ゆっくり自分の動ける範囲で無理なくはじめられるスローストレッチ。

最初は何気なくはじめたスローストレッチですが、

毎日少しずつやる習慣ができてくるとこれが結構くせになるもので

最近では気がつくとスローストレッチをしています。

身体のかたさは治らないと思っていたけど、少しずつでも動かしていると、

なるほど身体が動きやすくなってきたことに気づきます。

40歳を過ぎ、今までより疲れやすさを感じていましたが、

スローストレッチを始めてから、疲れが残ることが少なくなってきました。

これでカラダ年齢まで若返るというのだから今後が楽しみです!

     

いかがですか?

まだまだ沢山の口コミと体験記がありますが、ここではこれ以上書けません。

このスローストレッチはストレッチ、ヨガ、コアトレーニングの要素を組合わせた

次世代型のプログラムに仕上がってたった15分行うだけで

『忙しい人が1人でも簡単に習慣化できて結果が出せる』

『筋肉を柔らかくし、血液、リンパ液の循環を良くし、カラダ年齢を若返らせる』

ことにフォーカスを当てているので、貴方も安心して取り組む事ができますよ。

ですから、

もし貴方が今まで成果を上げられなかったとしてもスローストレッチさえ続ければ、

カラダの悩みを改善し、カラダ年齢を若返らせることが出来ますよ。

気になりましたら、詳細はこちらより詳細をご確認ください。

     

詳細はこちら>>クリック

     

30日間集中ダウンエイジングプログラム  次世代型ストレッチ かつもとあきのスローストレッチ ストレッチトレーナーとして活躍中のかつもとあき

     

詳細はこちら>>クリック

1996年からスポーツトレーナーとしてのキャリアをスタート。

23歳で独立し、プロアスリート専属ストレッチトレーナーとして谷川真理(マラソンランナー)を担当。

2007年にボディケアサロン「at Room(アットルーム)」を設立。

ストレッチを通じて、自分の体や心が発する信号を感じる能力を高めるため、体の健康はもちろん、メンタルヘルスの重要性も指導。

現在は多くのプロスポーツ選手やモデル、企業経営者らを顧客に抱え、

みずからストレッチトレーナーとして施術を行い、企業や自治体などでの講演やストレッチ教室を展開。

ストレッチをテーマにした数冊の著書やDVDなどをリリースし、テレビ、雑誌などの各種メディアにも出演中。

明るい笑顔と、はつらつとした元気な楽しいトークでストレッチの輪を広げている。

資格
健康運動指導士(厚生労働省)
スタビライゼーションインストラクター(日本スタビライゼーション協会)
加圧トレーニングインストラクター(加圧トレーニング本部)

     

     

詳細はこちら>>クリック